Impact ConnectImpact Connect

店頭プロモーションにおける
資源の「ムダの削減」と「効率化」で
「SDGs販促」を実現する。

NEWS & TOPICS

MESSAGE

700万件を超える売場データ(店舗DB)で
「SDGs販促」を提案します。

現在、販促ツールは約40%が使われずに廃棄されていると言われています。
この問題は販促を行う店舗に対して適切ではない販促物が企画・制作され、様々なツールがバラバラの物流から送られるなど、
店舗の実情を十分に考慮せずに行われる非効率な販促計画によって起きています。

フィールドマーケティング業界No.1のインパクトHDグループはこの問題を解決するために
創業以来蓄積してきた700万件を超える膨大な店舗情報をデータベース化。
AI分析システムにより店頭販促の課題を解決し、効果的に実施できる店舗リストの抽出をすることに成功いたしました。

さらに、デジタルサイネージの導入など販促のDX化による廃止資材の削減、
物流からラウンダーまでを一元で管理することによる設置率の向上など、
徹底的に店頭販促のムダを省くことによってメーカー様の販促効率の向上とSDGsを実現します。

impact connectが提供する「SDGs販促」とは

  • 実施店舗の最適化
    店舗データベース+AI分析店舗データベース+AI分析

    店舗データベース+AI分析

  • 販促資源の削減
    • デジタルサイネージデジタルサイネージ

      デジタルサイネージ

    • 環境に配慮した販促物環境に配慮した販促物

      環境に配慮した販促物

  • 設置率の向上
    • 販促物流一括管理 販促物流一括管理

      販促物流一括管理

    • 店舗ラウンダー店舗ラウンダー

      店舗ラウンダー

impact connectは持続可能な開発目標(SDGs)を
支援しています。

SOLUTION

  1. O1

    販促の効率化 販促の効率化
    販促の効率化
    店舗データベースを活用し、市場環境の変化にいち早く対応。
    販促効果が高い店舗の抽出することで、効率的かつムダな販促ツールを作らない販促計画をご提案します。
  2. 販促ツールのDX化による廃棄資源の削減 販促ツールのDX化による廃棄資源の削減
    販促ツールのDX化による
    廃棄資源の削減
    デジタルサイネージによる販促ツールのDX化によって廃棄資材を削減。
    Re-Board®の活用やエコ素材の積極採用により、環境に配慮した販促ツールを
    ご提案します。

    O2

  3. O3

    店頭実現率向上 店頭実現率向上
    販促物の一括管理とラウンダーによる
    設置率の向上
    自社運営の販促物専用物流倉庫(ミノックス)の活用した販促物の一元管理。
    ラウンダーの効率的な運用提案を通じて、コストを抑えながら店頭実現を高める運用を実現します。

CONTACT

販売に関するご相談・
お問い合わせはこちら

リモートでのご相談にも対応しております